W3C

XForms 1.0 勧告候補の公開について

実装準備が整った W3C の次世代フォーム技術

お問い合わせ先 (アメリカ、オーストラリア) --
Janet Daly, <janet@w3.org>, +1.617.253.5884 または +1.617.253.2613
お問い合わせ先 (ヨーロッパ) --
Marie-Claire Forgue, <mcf@w3.org>, +33.492.38.75.94
お問い合わせ先 (アジア) --
竹内 佐衣子, <saeko@w3.org>, +81.466.49.1170

(also available in English and French)

推薦状もご覧下さい。


http://www.w3.org/ -- 2002年11月12日 -- World Wide Web Consortium (W3C) は、XForms 1.0 を勧告候補として公開いたしました。XForms 1.0 は、目的と表示、そして XML 形式で得られる入力結果とを分離し、それらを組み合わせることで実現する、次世代 Web フォームの基盤技術です。

本仕様が勧告候補になったということは、本仕様が安定していることを意味しています。W3C XForms ワーキンググループは、広く一般の Web 開発者コミュニティに対し、 本仕様の実装と相互運用性の検証を呼び掛けます。

10年の歳月を超え、今こそ Web フォーム置き換えの時期

1993年に導入された HTML のフォームにより、Web 上での情報収集と、トランザクションを実現する方法が提供されました。 当時 Web アクセスに利用されていたデバイスと同様、 フォーム機構はその当時の多くのユーザの要求に適っていました。

しかし現在約10年近くが経過し、オリジナルの HTML のフォームの設計はその限界を露呈しています。ユーザは今、 携帯電話やハンドヘルドデバイスから、 あるいは音声による画面読み上げソフトウェアのようなユーザ補助技術を介して、 Web にアクセスしたいと望んでいます。 フォーム作成者は、目的と表示、 そしてフォームの入力結果を明確に分離するのと同じように、 スクリプトの記述を極力少なくするとともに、 フォームコンポーネントを最大限に再利用したいと考えています。 そしてもちろん、XML への移行を進めている企業は、他の事業とともに、 フォームを XML に移行する方法を模索しています。

W3C XForms ワーキンググループの共同議長を務める Steven Pemberton は次のように説明しています。「W3CXForms を利用することにより、フォーム作成者は XHTMLSVGXML といったマークアップ言語にフォームを組み合わせることが可能となり、 フォームそのものの記述を最小限に抑えつつ、 その有用性を最大限に活かせるようになります。XForms ワーキンググループはフォーム実装者に対し、 今まで実現不可能だった機能をユーザ及びデバイスにもたらすフォームコンポーネントの開発、 再利用を容易にするモデルを提供します。」

目的と表示、入力結果を明確に分離する XForms

目的と表示のためのマークアップが一緒くたになっている HTML のフォームとは異なり、XForms では、フォーム作成者はフォームの目的の記述と、 フォームの表示部分、それからどのように実際に入力されたデータである入力結果を XML 形式で記述するかをそれぞれ分離し、区別できるようにします。

今までの HTML のフォームを、XForms モデル、入力されるデータ、そして XForms ユーザインタフェース、の3つに分割することで、 フォームの内容と表示を明確に分離しました。この分離により、 新たに次のような利点がもたらされます。

実際、XForms 技術はエンドユーザに対し、 機能的な欠落なしに、PDA や携帯電話、あるいは音声による画面読み上げソフトウェアや、 従来からの一般的なデスクトップコンピュータに至るまで、 いずれからのフォーム利用も可能にしています。

オンラインフォームに XML の機能を導入する XForms

XMLXForms モデルの核となる技術であり、XForms 技術の鍵となる次のような利点を提供します。

さらに、XForms は当初、XHTML に統合すべく設計されていましたが、実際には SVG のような様々なマークアップ言語とも、 そのまま組み合わせて利用できます。また、一般的な利用形態に対応する XML ベースの宣言型のイベントハンドラを定義することで、 イベントハンドラに不可避なスクリプトの記述は抑えられ、XForms を含むほとんどの文書が静的に処理されるようになります。

業界リーダーらによって構成される XForms ワーキンググループはあなたの実装を必要としています

フォーム技術のような競争の激しい分野において、 万人が利用する標準技術の開発に非常に多くの先端組織が共に参加することは、 極めて珍しく、稀なことです。W3C XForms ワーキンググループは、今日の Web 上ですぐにでも利用できる技術開発を目的に、 これらの先端技術者や業界リーダーが一堂に会する場を提供します。XForms ワーキンググループには、 AdobeAOL/NetscapeCardiffComputer AssociatesCWIElectricité de France R&D、 ヘルシンキ工科大学、 IBMNovell、 株式会社 NTT ドコモ、 OpenwaveOraclePureEdge SolutionsSAP/Mozquito TechnologiesSony/EricssonXerox が参加しています。多くの企業が現在及び将来的にソフトウェアでの XForms への対応を表明しています。

XForms ワーキンググループでは、 広く一般の開発者に対し、この新しい仕様の実装への取り組みと、XForms ワーキンググループメーリングリストへの、 実装に対するフィードバックの提供を求めています。

World Wide Web Consortium [W3C] について

W3C は、Web の発展と相互運用性を確保するための共通のプロトコルを開発することにより、Web の可能性を最大限に引き出すべく設立されました。W3C は、アメリカ合衆国マサチューセッツ工科大学計算機科学研究所 (MIT/LCS)、フランス国立情報処理自動化研究所 (INRIA)、及び日本の慶應義塾大学がホスト機関として共同運営にあたっている国際産業コンソーシアムです。 コンソーシアムにより提供されるサービスには、開発者及び利用者のための World Wide Web に関する豊富な情報、 新技術を応用した様々なプロトタイプやサンプルアプリケーションの開発などが挙げられます。 現在までに、450を超える組織がコンソーシアムの会員となっています。詳しくは http://www.w3.org/ をご参照下さい。