CSS2 の公開について (W3C勧告)

Contact America -- Sally Khudairi <khudairi@w3.org>
+1.617.253.8036
Ian Jacobs <jacobs@w3.org>
+1.212.874.4176
Contact Europe -- Ned Mitchell <ned@ala.com>
+33.1.43.22.79.56
Andrew Lloyd <allo@ala.com>
+44.127.367.5100
Contact Asia -- 松原 祐三子 <matsubara@w3.org>
+81.466.49.1170

http://www.w3.org/ -- 1998年 5月 12日 -- World Wide Web Consortium (W3C) は本日、 Cascading Style Sheets, Level 2 (CSS2)W3C 勧告として公開いたしました。 CSS2は、 広く実装されている CSS1 を発展させたスタイルシート言語です。 W3C 勧告は仕様が安定しており、 Web の相互運用性に貢献し、 W3C会員組織 による検討の結果、 業界による採用が支持されたことを示しています。

CSS2 は、 W3C CSS&FP ワーキンググループによって設計・開発されました。 同ワーキンググループには、 アドビシステムズ社、 Bitstream Inc.Centrum voor Wiskunde en Informatica (CWI)Electricité de France、 ヒューレット・パッカード、 IBM コーポレーション、 Lotus Development CorporationMacromedia Inc.、 マイクロソフト・コーポレーション、 National Institute of Stardards and Technology (NIST)、 ネットスケープ コミュニケーションズ、 Novell, Inc.Silicon Graphics, Inc.SoftQuad Inc. など、 産業界で中心的な役割をはたしている企業・団体、 および Web デザイン、タイポグラフィ、国際化、 出版などの専門家が参加しています。また Apple Computer, Inc.Wired Digital Inc.The Productivity Works, Inc.Studio Verso などからの文書出版に関するデータも参考にしました。 また、CSS2公開メーリングリストでの、 スタイルシート利用者やコンテンツ作成者による詳細な検討も受けています。

「今日の CSS2 の仕様の公開は、 1年以上にわたる作業の成果であり、 W3C プロセスの有効性を証明しています。」 と、CSS&FP ワーキンググループの Chair である Chris Lilley は語っています。 CSS2 は、Web のデザイナー達がダイナミックで豊かなデザインの、 魅力的な文書を作成することを可能にし、 またアクセシビリティと国際化の向上にもつながります。」

CSS2 の主な特長

強力なデザイン能力

CSS2CSS1 のすべての機能を含み、 さらにダウンロード可能なフォントなどの、より進んだ表示制御機能を追加しました。 また、スライドバーやナビーゲーションエリアなどを実現することが可能な、 レイアウト制御のための位置指定 (positioning) プロパティが追加されました。 画像、文字を自由に重ね合わせ、 それらをスクリプトを使って動的に移動させることも可能です。 さらに CSS2 では、 ヘッダやリストの自動番号づけ、 特に XML 文書で有効な table のレイアウトなども追加されています。

CSS2Web デサインを新たな段階へと持っていきます。」 と、1994 年、最初に Cascading Style Sheets のコンセプトを提案した、 W3C Style Sheets Activity のリーダである Håkon Lie は語っています。 CSS1 は、 HTML の拡張をスタイルシートで置き換えるのに十分な役割を果たしました。 CSS2 は単に現在の慣行をとり入れるのにとどまらず、 Web デザイナーの選択幅をぐんと広げます。」

読み込み時間の短縮

今日の Web では、 テキストのフォントや色を制御するために画像を作成することが、 一般的に行なわれています。 画像はテキストに比べて非常に大きいため、 これが Web の遅さの一因となっています。 また Web ページでは、 表示方法を指定するためのタグが大量に繰り返され、 ページを不必要に大きくしています。 CSS2 はこのような画像やタグと同じ豊かな表現力を提供しますが、 テキストベースでよりコンパクトな指定が可能です。 CSS2 を使ったページは、 画像を使ったページと比較して明らかに小さく、 ずっと速く読み込むことが可能になります。

さまざまなメディアに対応

最近になって、Web コンテンツのアクセシビリティの必要性が高まっています。 また、テレビや携帯電話、カーナビゲーションシステム、 オンデマンド印刷など広範囲に及ぶデバイスの利用が進んでいます。 もはやコンテンツ作成者は、 特定のディスプレイ環境だけを前提にすることはできません。 CSS2 を使うことで、 さまざまなメディアへの対応と、情報の再利用性を向上させることが可能です。

アクセシビリティの向上

レイアウトのために table を使うことや、 フォントのために画像を使うことの副作用として、 画像をダウンロードしないようにしている人々や、 音声読み上げ装置を使っている目の不自由な人々に対する、 Web ページのアクセシビリティを低下させてしまう問題があります。 CSS2 は文書から表示に関する混乱を取り除き、 見かけのデザインについて妥協することなく、 自動的にアクセシビリティを向上し、 メンテナンスの困難な「テキストのみ」のページを別に作る必要性をなくします。

CSS2 によって提供される先進的な表現力は、 障害を持つ Web の利用者にとってのアクセシビリティを犠牲にすることなく、 ページのデザイナーに十分に創造的なコントロールをもたらします。」 と、W3CWeb Accessibility Initiative International Program Office ディレクターである、 Judy Brewer は語っています。 「とりわけ、CSS2 はレイアウトやカスケードの優先順位についてのユーザのコントロールを改善し、 様々な種類のメディアをサポートし、 そして音声の変化をコントロールする、 aural cascading style sheets を導入しています。」

国際化

英語以外の Web ページの利用や、 多言語の文書の表示の必要性は高まりつつあります。 書字方向 (左から右、右から左)、フォントスタイル、 引用符号などは言語によって異なっています。 CSS2 にはこれらの問題に対応するための機能が追加されています。

XML 対応

CSS1 は基本的に HTML 文書に対して用いられてきましたが、 XML で書かれたコンテンツでも使用されます。 CSS2 には、 XML 文書を表示することを目的とした仕様が追加されました。 XML は表示のための指定を持たないため、 XML コンテンツを配置するためには、 スタイルシートが特に重要になります。

CSS に関する詳しい情報は <URL:http://www.w3.org/Style/css/> にあります。


World Wide Web Consortium (W3C) について

World Wide Web Consortium (W3C) は、 米国マサチューセッツ工科大学計算機科学研究所 (MIT/LCS)フランス国立情報処理自動化研究所 (INRIA)、 日本の慶應義塾大学 SFC 研究所 (Keio-SFC) がホスト機関として共同運営に当たっています。 World Wide Web (WWW) 技術に関する情報の提供をはじめ、 作成された規格を実現する標準的コードの実装、 新技術を応用したさまざまなプロトタイプやサンプルアプリケーションの開発などに取り組んでいます。 現在255を超える組織がコンソーシアムの会員として参加しています。

World Wide Web Consortiumに関するより詳しい情報は、 <URL:http://www.w3.org/> をご覧ください。


$Date: 1998/05/12 23:05:28 $