平川 泰之

W3C 2008319 (日本時間)
World Wide Web Consortium (W3C)
マサチューセッツ工科大学計算機科学人工知能研究所
欧州情報処理数学研究コンソーシアム
慶應義塾大学 SFC 研究所
報道発表一覧 | RSS

中国における Web 標準に焦点を当てる W3C 公開講座を北京にて開催

Web に関する国際会議 WWW2008 にて Web に関わる皆様による議論を歓迎

(also available in 简体中文, English and Français; see also translations in other languages)


http://www.w3.org/ — 2008318 — World Wide Web Consortium (W3C) は、中国 北京にて開催される WWW2008 において、Web において早急な解決が求められる問題点について、参加者の皆様とともに議論する W3C 公開講座を開催いたします。本年423-24日の2日間に開催される本公開講座全編にわたり、W3C 会員組織、及び、W3C 技術スタッフの代表者らによる 20 を超える講演と議論が展開されます。この他、同423() には、Web の発明者であり、W3C 技術統括責任者を務める Tim Berners-Lee による記者会見が北京国际会议中心にて行われるとともに、同424() には、同じく Tim Berners-Lee による「Web アプリケーションのこれから」"The Future of Web Applications" と題した WWW2008 基調講演も行われます。詳しくは W3C 公開講座のページをご覧下さい。

本公開講座では、地域毎の要求にも適う国際標準の策定という W3C の使命を反映し、中国におけるインターネット利用に関する次のような様々な討論が行われます。

The Web on the Move — 移動を伴う Web 利用
Open Your Data! — Web 上にデータを公開しよう !
An International Web — 国際化された Web
Integrating the Web in Society — 社会への Web の融合
What's Hot in Web Content — 注目を集める Web コンテンツ技術

World Wide Web Consortium [W3C] について

World Wide Web Consortium (W3C) は、会員組織、専任スタッフ、そして一般の皆様が一丸となって Web 標準の策定に取組む国際的なコンソーシアムです。W3C は、Web の長期的な発展を保証すべく設計された Web 標準や指針の策定を通じ、その使命の遂行に努めます。現在までに 400 を超える組織がコンソーシアムの会員となっています。W3C は、日本の慶應義塾大学、フランスに本部を置く欧州情報処理数学研究コンソーシアム (ERCIM)、及びアメリカ合衆国マサチューセッツ工科大学計算機科学人工知能研究所 (MIT CSAIL) の各ホスト機関により共同運営されています。加えて各国地域における普及推進拠点となる W3C 事務局を世界各地に設置しています。詳しくは W3CWeb サイト http://www.w3.org/ をご覧下さい。

本件お問合せ先:
日本、アジア (慶應義塾大学 SFC 研究所) — 平川 泰之, <chibao@w3.org>, +81-466-49-1170
ヨーロッパ、アフリカ、中東 (ERCIM) — Marie-Claire Forgue, <mcf@w3.org>, +33 492 38 75 94 または +33 676 86 33 41
アメリカ、オーストラリア、その他 (MIT CSAIL) — Ian Jacobs, <ij@w3.org>, +1.718.260.9447 または +1.617.253.2613