W3C For Immediate Release

W3Cに集うエキスパートが未来のウェブ技術のロードマップを議論

ポルトガル・リスボン開催・W3C技術総会
- Technical Plenary Advisory Committee Meeting -



「To lead the Web to its full potential」を使命に掲げるW3C (World Wide Web Consortium)は、2016年9月23日ポルトガル・リスボンで550名を超えるウェブ技術者が集う国際会議である年次会議であるW3C TPAC (Technical Plenary Advisory Committee Meeting)を閉幕しました。TPACでは今後の課題や新たなへ使命へのロード マップや標準化策定の議論が交わされました。今回のTPACでは40に 登るグループが集いました。それとは別の40以上のブレークアウトセッションでは、近い将来にもW3C標準化につながる可能性を秘めたウェブ技術が提起され活発な議論の応酬がされました。

ウェブの発明家でありW3Cディレクターのティ ム・バーナーズ=リーの基調講演では、世界中の誰もが活用できる相互運用性と分散性を備えたオープンなウェブへのビジョンが語られました。今年の8月6日は、ウェブが公的に利用可能なサービスと なった日から25年目を向かえた日です。1989年にバーナーズ=リーがウェブを発明して以来、ウェブは複数のデバイス上でアクセシビリティに配慮しながら多言語での展開や映像、グラフィックス機能も含めて進化し続けています。

W3C最高経営責任者の博士ジェフェリー・ジャッフェはこう述べています。「高度なウェブ技術を持つW3C会員とウェブコミュニティ- W3Cコミュニティ-があらゆる人のためのウェブとウェブ技術を形造っています。リスボンのTPACではW3Cの重要性と意義を再認識しました。」

  • W3Cが注力する業界を対象とした各議論

  • 今回のTPACは、初の試みとして20のW3Cコミュニティグループも 集い今後のウェブ技術について意見を交 換しました。そこではBlockchain、Virtual Reality (VR/AR)、Web Bluetooth、NFC、micro-payments、multi-device timing、Web of Thingsプラグフェストが展開されました。

    About the World Wide Web Consortium

    World Wide Web Consortium(W3C)は、Web標準化の開発を目的とし、会員組織、 フルタイムスタッフ、および公的団体が連携する国際的なコンソーシアムです。 W3Cは、Webの長期的な成長の確保を目的としたWeb標準およびガイドラインの作成を通じ、使命に尽力しています。 Open Web Platformは、現在、 我々が最も注力している分野です。400を超える組織が、本コンソーシアムの 会 員として参加しています。W3Cは、米国MIT Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory(MIT CSAIL: マサチューセッツ工科大学計算機科学人工知能研究所)、 フランスEuropean Research Consortium for Informatics and Mathematics(ERCIM: 欧州情報処理数学研究コンソーシアム)、 日本の慶應義塾大学、及 び 中国の北京航空航天大学 (Beihang University) により共同運営されており、 各国にW3Cオフィスを 設置しています。 詳細については、http://www.w3.org/をご覧くださ い。

    End Press Release

    Media Contact

    Karen Myers, W3C <w3t-pr@w3.org>
    Mobile: 1.978.502.6218